TOP

トラベックスツアーズ国内旅行・国内ツアー日帰りバスツアー > SLパレオエクスプレス乗車付き日帰りバスツアー特集

SLパレオエクスプレス

日帰りバスで行く
「SLパレオエクスプレス」乗車付バスツアー特集

ツアーインフォメーション

SLパレオエクスプレスのご紹介
SLパレオエクスプレス は、秩父鉄道が秩父本線(秩父線)熊谷駅 - 三峰口駅間にて1988年に運行を開始。蒸気機関車牽引による臨時列車です。使用されている機関車はC58363(シゴハチ サンロクサン)という車両で、かつて東北地方などの旧国鉄(現在のJR)で活躍した車両になり、昭和47年に現役引退後は、小学校の校庭で小学生と一緒にのんびりと余生を送っていましたが、さいたま博覧会(昭和63年3月19日から5月29日まで熊谷市で開催)の際、「SL運行を!」の声があがり、その大役にC58363が抜擢されました。秩父の自然の中を疾走するSL列車として大変人気を博し、56・8キロの道のりを約2時間30分かけて走ります。秩父地方で発見された約2千万年前の海獣パレオパラドキシアの化石にちなみ【SLパレオエクスプレス】と名づけられました。車内放送では、案内役の人気落語家「林家たい平」師匠が秩父鉄道沿線の見どころを軽妙な語り口で、魅力たっぷりに紹介!客車は元々臨時列車や団体列車等の波動輸送や長距離列車用として製造した急行形客車で、長時間の乗車でも快適に過ごせる冷暖房装置や、空気バネ、ゆったりとしたクロスシートが特長です。SLが懐かしい世代にもまったく知らないという世代にもおすすめです!
※SLパレオエクスプレスについての詳細は「秩父鉄道(公式ホームページ http://www.chichibu-railway.co.jp/)」をご覧ください。