【トラベックス街歩きシリーズ】東京下町「柴又」散策コース

400年以上の歴史を持つ寺院・柴又帝釈天と、その参道を中心に発展した街「柴又」。
昭和レトロな東京下町をガイドの解説と共に満喫します。

  • 柴又帝釈天 二天門
  • 柴又帝釈天 商店街
  • 柴又 矢切の渡し
  • 街歩き
  • パワースポット
  • 体験・見学
  • アクティビティ
旅行代金(おひとり様)
2,500
  • 基本情報
  • 出発日
コースコード
CM-0031-01
出発時刻
09:30
出発地
現地集合
バスガイド
なし
添乗員
あり
お食事
なし
出発日
10月 15
  • 催行決定
  • 催行決定間近
  • 募集中
  • 終了

料金・出発日カレンダー

基本旅行代金について
●子供料金の設定はございません。
●旅行代金には専門ガイド料金が含まれます。
●矢切の渡し乗船代は含まれておりません。(乗船時現地精算/大人200円、子ども100円)

ツアーの見どころ・ポイント

柴又帝釈天 二天門

帝釈天 題経寺

○寛永6年(1629年)の創建で、およそ400年の歴史を持つ日蓮宗の寺院で正式名は経栄山題経寺(きょうえいざんだいきょうじ)。
○18世紀末、9世住職の日敬(にっきょう)の頃から当寺の帝釈天が信仰を集めるようになり、
「柴又帝釈天」として知られるようになりました。
○柴又帝釈天病気平癒、厄除け、勝負運のご利益があるといわれています。

柴又帝釈天 商店街

柴又帝釈天門前参道商店街

○柴又駅から柴又帝釈天まで続く参道として発展してきたのが柴又帝釈天門前参道商店街です。
○映画『男はつらいよ』シリーズの舞台となり、寅さんゆかりの「髙木屋老舗」、「門前とらや」などがあります。

柴又 矢切の渡し

矢切の渡し

○伊藤左千夫の小説『野菊の墓』や歌謡曲「矢切の渡し」で有名な矢切の渡し。
○江戸時代初期、幕府が地元農民のために設けた渡し船で、江戸川唯一の渡しです。
○所要時間約5分で、江戸川を柴又と矢切を結んでいます。

※矢切の渡し乗船代は含まれておりません。(乗船時現地精算/大人200円、子ども100円)

ツアー日程表

日次
1
スケジュール
京成柴又駅改札出口集合(9:15集合/09:30出発))

柴又帝釈天(題経寺)

山本亭(庭のみ拝観)

矢切りの渡し(渡船料金¥200当日現地払い)

野菊のこみち

西蓮寺-野菊の墓文学碑

庚申塔-矢切神社

新北総線・矢切駅で解散
※所要時間:約2.5時間
食事
朝食:
なし
昼食:
なし
夕食:
なし
宿泊地

ご案内・ご注意

コースコード
CM-0031-01
出発地
現地集合
出発時間
09:30
目的地
東京都
ツアータイプ
日帰り
最少催行人数
1名様
募集定員:8名様
食事条件
なし
添乗員
あり
取消料
取消料についてはこちらからご確認ください
注意事項
■健康チェックシートのご提出をお願いします。
下記より印刷の上、集合場所にて受付時にご提出をお願い致します。
【チェックシートダウンロードはこちら】
ご提出いただけないお客様につきましてはご参加いただけませんので予めご了承ください。

◆当日は集合場所にて係員がお待ちしております。
◆散策ツアーですので、歩きやすいお履き物にてご参加ください。
旅行企画・実施
  • 東京都知事登録旅行業第2-5234号
  • 株式会社トラベックスツアーズ
  • 〒140-0002 東京都品川区東品川2-2-24 天王洲セントラルタワー4階

ご予約・お見積りはこちらのカレンダーのご希望出発日をクリック